法人会について

HOME > 法人会について > 諏訪法人会の組織

組織

昭和41年4月19日に諏訪郡市の3市1町の法人会が合体して「 諏訪地区法人会連合会」が結成され、その後、1町1村と2団体の法人会が加盟して現組織の基盤が確立されました。
昭和54年6月13日に大蔵省の認可を受けて社団化し、「社団法人諏訪法人会」が発足して今日に至りましたが、2,800 余社の会員が申告納税制度の推進や企業の繁栄と社会の健全な発展に貢献しょうと活動しています。平成20年公益法人制度改革法の施行により、当会は平成25年4月1日に一般社団法人に移行しました。これまでどおり、事業の推進は、本部組織を核として、市町村毎の支部組織、青年部会・女性部会及び6つの委員会により展開され成果をあげています。

組織図





役員名簿

役員名簿はこちらからご覧ください


ファイルイメージ

役員名簿PDF

各委員会の役割・活動内容

総務委員会会運営を総括し、諸規定の整備並びに財政の管理を行う
厚生委員会各種厚生制度を推進し、会員サービスの充実に努める
組織委員会会員増強と組織機構の整備を図り、組織を拡充強化する
税制委員会税法・税制等を研究し、意見具申の取りまとめを行う
広報委員会広報活動の充実を図り、法人会の社会的評価を高める
研修委員会研修事業を拡充し、会員メリットの向上に努める

ページの先頭へ