地域社会への取り組み

HOME > 地域社会への取り組み > 諏訪湖の紹介

日本全体から見ると経度からも緯度からも日本の中心であり、太平洋からも日本海からも ほぼ等距離にある諏訪地方は、東西35km南北41kmの地域で諏訪湖周辺の諏訪盆地 と八ヶ岳山麓で構成される。諏訪湖は標高759m、定説では100万年前大地溝帯(フォッサマグナ) と中央構造線が交 わったところにできた湖とされている。


上空からの諏訪盆地


諏訪盆地は日本の屋根ともいわれる長野県の盆地の 中でも、もっとも標高の高い盆地である。

八ヶ岳山麓は標高800mから1,200mの高冷地で最も高い八ヶ岳の主峰は標高2,899mの赤岳である。気候は内陸性で、年間を通じて雨量は少なく四季の変化がきわめて明瞭である。 夏は日中30度にもなるが、夜になると20度ぐらいに冷えこむ、冬季は山麓地帯では マイナス10度にもなることも珍しくない厳寒の地である。


ページの先頭へ