地域社会への取り組み

HOME > 地域社会への取り組み > 諏訪の七不思議

御神渡

諏訪には古来七不思議という神秘的な伝説が伝わっています。これについて七木・七石という霊木霊石がありました。これらは鎌倉末期の文献に「上社物忌令」に見えているのが最初であるといわれていますが、諏訪地方に於ける宗教思想の期限は遠く石器時代に於ける原始的進行まで遡かのぼることができる。自然崇拝、動植物崇拝、呪物崇拝等であったと考えられます。
ここで諏訪の七不思議を、簡単にご紹介します。


1.湖水御神渡
諏訪湖の御神渡のことであり、湖の氷が南北に割れる、その割れた方向によりその年の富凶を知る、湖氷の御渡は上社の神が下社の女神の許に通い給うのだという信仰がある。

2.蛙狩神事(上社)
諏訪上社の正月元旦(早朝の神事、上社前の御手洗川(みたらしがわ)で元旦朝氷を割って蛙狩りをする。これは「的始め」「生贄始め」として小弓で射って神前にささげる。

3.五穀(ごこく)の筒粥(つつがゆ)下社
正月十四日夜より十五日暁にかけて葦を束ねて米と炊けば、葦の筒の中に粥が入り、葦の中に入った五穀によって作毛の善し悪しを占う。

4.高野の耳裂け鹿(上社)
毎年四月十五日酉の祭りがおこなわれるが、その時集まる鹿の中に必ず耳の裂けた鹿がいる。

5.葛井の清池(くずのせいち)
毎年十二月大晦日の夜半、一年中上社に捧げた幣をこの池に投げ込めば、翌朝遠州の国佐奈岐(さなぎ)の池に浮くという。

6.御作田(みさくだ
六月十日に田植えをすると七月下旬これを刈り取り、八月一日に神前に供することができ、六十日で実る。

7.宝殿の天滴(ほうでんのてんてき)上社
上社の放電はどんな干天のおりにも、水滴が落ちるといわれる。雨乞のおりにもこの天水を青竹に頂いて帰り、神事をすると必ず雨が降ると伝えられている。


ページの先頭へ