諏訪法人会女性部

HOME > 法人会について > 諏訪法人会女性部 > 女性部概要

一般社団法人諏訪法人会女性部は、昭和60年2月250名の部員をもって活動を開始しました。
各企業に於ける女性経営者・役員・幹部社員の進出はめざましく“税や経営”に関する認識、啓蒙意欲は大変高まり、知識や教養を身につけ、相互の親睦を図ることを基本方針として、法人会事業に協力し、地域社会に貢献する活動を縁の下の力持的存在で支えております。

一般社団法人諏訪法人会 女性部 部長 宮澤厚子


基本方針


 平成25年4月1日、親会の一般社団法人移行に伴い、私たち女性部は、法人会の目的である「税知識の普及、納税意識の高揚」の基本理念に沿って、「租税教育活動」を大きな柱と位置付け積極的に部会活動を行います。
『税のオピニオンリーダー』として、研修会、親睦交流を通し女性部会員の資質向上を図るとともに、税の啓発活動や地域社会貢献活動を積極的に行います。


実施項目


1.組織の拡大
 1)女性部会員の拡大と充実を図る
 2) 法人会会員の加入勧奨に努める

2.事業活動への積極参加
 1) 税に関する絵はがきコンクールの実施
 2) 租税教育事業の実施(青年部と共催)
 3) 総会に関わる講演会、懇親会の開催
 4) 部内研修会、親睦会の開催
 5) 県連女性部連絡協議会合同例会への参加
 6) 全法連主催による「女性フォーラム」への参加
 7) 本会総会、役員会及び関係諸会議への出席
 8) クリーンアップキャンペーン等本会事業への協力と積極的参加
 9) 諏訪税務署へ花の寄せ植え寄贈
10) 地域社会貢献事業「いちごプロジェクト」の実施

3.諸会議の開催
 1) 通常総会の開催
 2) 役員会・正副部長会の随時開催


ページの先頭へ